日記 2022年10月 | 岸和田市周辺の不動産をお探しならパインハウジング ACE Co.,Ltdにお任せ下さい。

パインハウジング
TEL:072-433-9500

日記

DIARY

「入居審査」とは、入居希望者が、賃貸マンション・アパートに入居するのに

ふさわしい人物かどうかを判断するための審査のことです。

具体的には、オーナー様や不動産会社などが、入居申込みの際に入居希望者が提出した書類などをもとに

「家賃に見合った収入があるか」、「他人との共同生活に配慮ができる人物か」

「連帯保証人が信頼できる人物か」を審査します。

審査結果は、一週間以内に通知されるケースが一般的です。

 

入居審査のポイントは?

 

家賃に見合った収入があるか?

家賃に見合った収入があるか?

オーナー様にとっては、入居希望者がきちんと家賃を払ってくれるかどうかが

一番大きな関心事です。そのため、入居審査の際には、勤務先や職業、年収などが審査されます。

 

勤務先は?

 

勤務先の規模や職種、勤続年数などが審査されます。

勤務先については、実際に不動産会社が電話をして確認することもあるため

転職する予定がある場合には、その旨をきちんと記載します。

 

職業は?

 

フリーターや派遣社員、契約社員など、定着性の低い雇用形態は敬遠されることもあります。

日頃の仕事ぶりや真面目さをアピールすることが大切です。

 

年収・月収は?

 

支払い家賃(月額)が、月収の3分の1以内かどうかが目安となります。

また、年収が高いことはもちろん、継続的に安定した収入があるかどうかも審査のポイントになります。

 

他人との共同生活に配慮ができる人物か?

 

様々な人が共に暮らす賃貸マンション・アパートでは、他の入居者様とトラブルを起こさない

共同生活に配慮できる人物であることが求められます。

 

人柄は?

 

審査の際には、不動産会社の担当者の意見も重視されます。お部屋探しの段階から

常識的で礼儀正しい言動を心がけるようにします。また、申込書類の間違いや嘘は

厳しく追及されますので、正確に記入することが大切です。

 

転居理由は?

 

賃貸住宅から転居する場合は、入居期間や転居理由が問われます。

明確に理由を説明できるよう準備しておきます。

 

連帯保証人が信頼できる人物か?

 

万が一、入居者様に何かあった場合に、代わって家賃を支払ったり、損害賠償等に応じたりするのが

「連帯保証人」の役割です。

そのため、連帯保証人は、両親など、入居希望者に近い親族で

かつ経済力のある人物が望ましいとされています。

 

入居希望者との関係は?

 

入居希望者の両親、兄弟など、3親等内の親族が望ましいとされています。

連帯保証人を頼める親族がいない場合には、連帯保証人代行会社に依頼するか

連帯保証人の必要のない物件を選ぶ必要があります。

 

経済力・代行意思の有無は?

 

勤務先や年収、住まいが持ち家であるかが審査の対象となります。原則として、入居希望者と同等か

それ以上の収入があることが求められます。また、入居審査時には

オーナー様・不動産会社などから、電話での意思確認が行なわれます。

 

ざっくりと以上になります!

難しい内容もありますが現在の賃貸物件の審査については

保証会社の利用等により多少なりとも審査基準が緩和されておりますので

不安に思われる方もお気軽にパインハウジングまでご連絡下さいませ。

 

 

投稿日:2022/10/28投稿者:作田 稜

こんにちは!営業の作田です!!

本日は、最近人気のあるシェアハウスについて書いていこうと思います。

気軽に入居できて様々な人たちと交流できる賃貸住宅として、近年若者の間で人気急上昇中なのが

シェアハウス(ゲストハウス)です。都会のしゃれた住空間と見られていますが

果たして本当にお得なのでしょうか。ここではシェアハウスの実態について見ていきましょう。

 

シェアハウスとは

 

シェアハウスとは

シェアハウスはひとつの住宅の中に複数の寝室を備え、様々な人が共同で住む形式の賃貸住宅です。

キッチンやトイレ、シャワールーム、ラウンジ(リビングルーム)は共用スペースになっており

それぞれの寝室だけがプライベート空間という訳です。

寝室には基本的にエアコン、ベッド、冷蔵庫等があらかじめセットされており

キッチンには調理器具が備えられているのが普通です。入居にあたり、敷金・礼金や保証人の制度がなく

賃貸料は月払い(週払いもある)ということで、誰でも気軽に利用できるのが特長です。

賃貸料が比較的安いのも魅力です。そのため「いろんな人とワイワイ暮らしたい」

「短期間の旅行の際の宿泊施設として利用したい」といった人に向いており

実際、外国人が利用しているケースも少なくありません。

共用スペースであるラウンジには夜になると自然と住民が集い

パーティーやイベントを定期的に開催するハウスもあり

様々な国籍の人と異文化交流ができることもあります。

 

シェアハウスで暮らすポイント

 

シェアハウスで暮らすポイント

シェアハウスでの同居人は他人同士ですので「互いに相手を尊重する」「プライバシーを互いに守る」

というのが基本原則となります。例えば他人の寝室には勝手に入らず必ずノックをする

共用スペースを使ったあとはきれいに掃除しておく、深夜に大きな音をたてないなどといった

気づかいが求められます。したがって"多少のことはお互い様"と割り切って考えられる人

共同生活にストレスを感じない人、社交性がある人、他人が使ったキッチンやトイレに

抵抗を感じない人などが適しています。逆にこういったことに神経質な人には向かないでしょう。

 

シェアハウスでのトラブル

 

シェアハウスでのトラブル

やはり、基本マナーを守らない場合はトラブルの原因となります。

深夜に大きな音で音楽をかけたり、目覚まし時計など音に関することや共用スペースの

使用後きれいにしていないなどといった問題が多く指摘されています。

シェアハウスは家賃が安く気軽なのが魅力ですが、本当に"お得"かは

同居人と快適に暮らせるかどうかということになります。

 

投稿日:2022/10/25投稿者:作田 稜

こんにちは!営業の作田です!^^

今回は、前回に続いてフリーレントの仕組みについて

ご紹介していきます!


フリーレント物件を契約する際の注意点

 

フリーレント物件を契約する際の注意点

 

フリーレントにもデメリットがあります。恩恵を受けられないどころか

割高になる恐れもあるので、物件を探す際には以下の注意点を押さえておきましょう。

 

フリーレントのデメリットとは?

「短期違約金」が発生することも

フリーレント物件では、「家賃無料期間の後、決められた一定期間は住み続けなければならない」と

いう条件が設定されていることもあります。その一定期間に満たない場合、フリーレント期間分の

家賃支払いや、早期解約違約金などの支払いを求められる場合があります。

 

共益費や管理費はかかる

 

共益費や管理費が家賃と別に発生する物件では、フリーレント期間中も共益費、管理費の支払いが

必要になります。また、駐車場代もフリーレントの対象外となるケースがほとんどです。

 

家賃支払い時期や更新月を間違えやすい

 

フリーレントでも、最初の家賃を入居時点で支払うケースがあります。

たとえば、7月から2ヶ月間のフリーレント契約だとしても、2ヶ月後の9月の家賃を7月中に

支払わなければならないということです。


また、フリーレント契約をする場合、更新月のタイミングにも注意しなければなりません。

たとえば、契約月が12月で、1月から3月まではフリーレントとし

4月から家賃が発生する場合、更新月は12月です。

契約時には、きちんと更新月を確認しておく必要があります。

 

家賃が高く設定されている場合も

 

無料期間を踏まえ、その分家賃が高めに設定されている物件もあり

総支払額が高くなってしまうこともあります。条件の似た近隣物件の家賃を比較し

相場以上の家賃を支払うことがないよう注意することが重要です。

 

フリーレント物件が見つからない場合は

 

フリーレント物件は、それほど多くは出ていないので、条件に合う部屋を見つけられないこともあります。

初期費用を抑えたいなら、「敷金なし」「礼金なし」の物件と併せて探すことをおすすめします。

 

フリーレントを上手に使ってお得に引っ越し!

 

フリーレントにはお得な部分もありますが、注意点をしっかり押さえたうえで

初期費用を抑えて新生活を始めましょう。


初期費用を抑えて引越しをしたい方は、お気軽にパインハウジングのまで

ご連絡下さいませ!^^

投稿日:2022/10/21投稿者:作田 稜

こんにちは!営業の作田です!^^

今回は、賃貸物件の契約条件についているフリーレントについて

一部・二部に分けてご紹介したいと思います!


 フリーレントとは?

 

フリーレントとは?

フリーレントは、賃貸物件の家賃が期間限定で無料になる契約形態のことです。

入居までの日割りや、1ヶ月、2ヶ月といった単位の家賃が無料になることがあります。

つまり、フリーレントの物件をうまく利用すれば、初期費用を抑えた引越しが可能になるのです。

フリーレントには、以下のようなメリットがあります。

 

初期費用を節約できる

 

敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、日割り家賃など、物件契約時には

まとまったお金を支払う必要があります。「家賃の4~5ヶ月分」になることも多い

初期費用を抑えられるのが、フリーレントの最大のメリットです。

 

引っ越しのタイミングを調整しやすい

 

「気に入った物件が見つかったけど、すぐに引越しできない」というケースであっても

一定期間無料で部屋を借りられるフリーレントなら、慌てて引越しをする必要がなく

時間的にも精神的にも余裕を持って準備できます。

 

二重家賃が発生しない

 

フリーレント物件に引越す場合は、新居の家賃支払い開始時期が先になります。

退去や引越しのタイミングをうまく調整すれば、家賃の支払いが二重に発生することはありません。

 

なぜ家賃が無料に?フリーレントになる仕組み

 

なぜ家賃が無料に?フリーレントになる仕組み

ここからは、家賃が一定期間無料になるフリーレントの仕組みを見ていきましょう。

 

フリーレントが可能な理由とは?

借り手にとって嬉しいフリーレントですが、貸し手である大家さんにとっても、以下のようなメリットがあります。

空室を減らして入居率を高められる

入学や入社など、新生活のための引越し時期が過ぎると、入居希望者は少なくなります。

空室状態が続くと大家さんは収益を得られないので、入居者を積極的に募集しなければなりません。

そこで用いられるのが、フリーレントです。

家賃が一定期間無料になる物件は借り手から注目されやすく、入居者を見つけやすいのです。

家賃を下げずに済む

空室を埋めるためには、家賃を下げるという方法もあります。しかし、一度下げてしまった家賃を上げるのは困難です。大家さんにとっては、今後の家賃収入減は避けたいところ。また、新たな入居者だけに家賃を下げてしまうと、すでに入居している人とトラブルになりかねません。そうしたリスクを避けるためにフリーレント期間を設け、通常の家賃で入居者を探すのです。

フリーレント物件はどうやって探す?

フリーレント物件はそれほど多くありません。フリーレント物件がどんな物件か知りたい場合は、まず物件検索サイトで「フリーレント物件」を探してみましょう。物件検索サイトを利用する際、こだわり条件の欄でフリーレントにチェックを入れたり、「フリーレント」でキーワード検索したりすれば、該当情報がヒットする電離っとに

フリーレント物件を探しやすい時期

お得に部屋探しをしたいなら、繁忙期ではなく閑散期がおすすめです。空室が埋まりにくい7月から8月は、フリーレント物件を探しやすい時期と言えます。

 

次回はフリーレントのデメリットについて解説していきます!

投稿日:2022/10/18投稿者:作田 稜

省エネの照明器具として注目を集めているLED電球ですが、本当にお得なのでしょうか。

電球は価格、消費電力、寿命の各面から評価する必要があります。

賃貸物件では白熱電球の物件が多いですが、ここでは賃貸物件の照明をLED電球に交換することで電気代を

どの程度節約できるのかについて見ていきます。

 

消費電力から考える

 

消費電力から考える

最初に価格について見てみましょう。60ワット相当の白熱電球は市販価格で100~200円くらいです。

一方、LED電球は2,000~3,000円が相場となっています。

価格だけで見る限りLED電球は白熱電球の10~20倍するということになります。

購入価格だけで見ればLED電球はかなり高価に見えますが、

それを上回る消費電力や耐久性があれば、充分にもとがとれる点に注目すべきでしょう。

そこでまず消費電力を比較してみましょう。パナソニックの公式発表によれば、

60ワット相当の白熱電球の1年間の電気代は約2,376円に対し、LED電球が約405円となっています

〈LED電球9.2ワットタイプ(昼光色相当)とシリカ電球60ワット形(54ワット)との比較。

1日5.5時間、年間2,000時間使用時。電力料金目安単価22円/kwh(税込)で計算〉。

つまり仮にLED電球を2,000円で購入すれば1年間強でもとが取れる計算になります。

 

寿命から考える

 

寿命から考える

白熱電球の寿命は1,000~3,000時間、LED電球が20,000~60,000時間です。

寿命から見ると、購入価格とは逆にLED電球が白熱電球の20倍以上の耐久性を持っていることになります。

仮に1日10時間使用した場合、白熱電球は半年から1年で交換しなければならないのに対して

LED電球は最短でも約7年弱交換する必要がありません。

以上は白熱電球とLED電球との比較です。1,000円以下で買える電球型蛍光灯の場合

LED電球との消費電力の差はわずかで4ワット程度しかありません。寿命はLED電球が3倍程度です。

したがって、現在、電球型蛍光灯を使用されている方は、今すぐLED電球に変える

必要性は高くないと考えられます。

 

故障の問題

 

故障の問題

このように白熱電球を使用されている場合、LED電球への変更は非常に費用対効果が高いと言えます。

ただしLED電球は精密機械なので、異常発熱、振動、衝撃などで故障する場合がある点に注意が必要です。

確かに寿命は長いのですが、地震や引越しなどでの振動で故障するリスクがあるという事を

ご理解頂きお使いください。

投稿日:2022/10/14投稿者:作田 稜