日記一覧 | 岸和田市周辺の不動産をお探しならパインハウジング ACE Co.,Ltdにお任せ下さい。

パインハウジング
TEL:072-433-9500

日記

DIARY

こんにちは!営業の作田です!^^

本日は賃貸物件に付いている押入の活用方法についてご紹介いたします。

 

一般的に賃貸の部屋には押入れや作り付けのクローゼットが必ず併設されています。

普通は布団などの収納スペースとして使われていますが、他に暮らしを豊かにする活用方法について

ここでは、上手な押入れ活用法をお伝えさせて頂きます^^

 

収納スペースとして使う

 

収納スペースとして使う

一般的な和室の押入れは上下2段になっており、上に天袋があります。

これらをどのように活用するかで、収納力が大きく変わってきます。

その際に活躍するのがホームセンターなどで売っている押入れ用収納ケース、ハンガーラック

突っ張り棒などです。上段に収納ケースを置いてシャツや下着類を収め、その脇にハンガーラックや

突っ張り棒を設置してコートなどの長い服をかければ狭い空間を効率的に活用できます。

下段には布団や季節的に着ない服を収めるケースなどを配置しましょう。

天袋には取っ手付きのケースを活用すれば高い場所からの出し入れに便利です。

 

書棚や書斎、AVスペースとして使う

 

書棚や書斎、AVスペースとして使う

押入れの広さは、ほぼ一畳分です。他に収納場所を確保できるのであれば

そこを収納以外で活用する方法もあります。

読書家の方だったら、DIY用品店で板を購入してきて自作の書棚にすることができます。

カーテンを付けたり、ふすまを閉じれば、本の圧迫感もなくなります。

一方、押入れのふすまを取り払い、上段の棚をそのまま机として使うと、おしゃれな書斎やアトリエに

大変身させることも可能です。ほぼ一畳分という広さなので、パソコンも余裕で置け

落ち着いて作業するにはもってこいと言えるでしょう。

同様にふすまを取り払うのであれば、オーディオラックなどをうまく組み合わせてAVスペースに

変えることもできます。中央に薄型テレビを配して、横にアンプ、DVDプレーヤー、スピーカーなどを

置いて、部屋の反対側にソファを置けば快適なオーディオ&ビジュアル空間ができます。

 

改造は慎重に順番を追って

 

改造は慎重に順番を追って

賃貸の部屋の場合、改造と言ってもボルトを打ち込んだり、電気配線そのものを変更することはできません。

退出時に問題にならないよう慎重に行ないましょう。改造にあたってはまず先に入っていたものを

すべて出してきれいに掃除します。拭き掃除後は完全に乾かすようにしましょう。

また、使い始めてからは、湿気対策と防臭対策も忘れずにしましょう。

投稿日:2022/09/30投稿者:作田 稜

こんにちは!営業の作田です!^^

本日はお部屋に対しての方角についてご説明させて頂きます!

 

マンションのお部屋を決める際に重要な要素となるのがバルコニー、ベランダ(窓)の方角です。

賃貸物件によって方角は様々で、一般的に南向きの部屋の人気が高いようですがはたして東西南北それぞれで

どのように違うのでしょうか。向きを決めるポイントとそれぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

 

東西南北の人気度

 

東西南北の人気度

マンションは、一般的に、バルコニー(窓)のある方角に応じて人気に差があります。

まず一番人気なのが「南東」で、続いて「南」「南西」「東」「西」「北東」「北西」「北」の順に

人気があり、この順番で家賃も変動します。つまり「南東」が最も高く

「北」が一番安いということになります。ごく大雑把に「南向き」「東向き」「西向き」「北向き」の順番と

言えるでしょう。これは日本人が部屋の日照時間について気にすることの現れだと言われています。

では本当に「南向き」や「東向き」が快適なのか、というと必ずしもそうとは言い切れません。

例えば日照について考えてみても、例え南向きや東向きの部屋でも、高層建築が隣り合わせであれば

採光は望めません。逆に陽が入らない北側の部屋の場合、冬場は寒いため

それを補う床暖房や二重サッシが備えられている賃貸物件もあります。

したがって、図面上の間取りだけではなく、実際の周囲の環境や設備面も考慮して判断しましょう。

 

南向きのメリット、デメリット

 

メリットとして挙げられるのは"一日中陽が当たり、暖かい""洗濯物がよく乾く"といった点です。

デメリットは"陽が当たりすぎて夏場は暑い""家賃が高い"などです。

 

東向きのメリット、デメリット

 

メリットとしては"午前中に陽が当たり、爽やかに目覚められる"といった点が挙げられます。

デメリットとしては"午後になると陽が入らず部屋全体が暗い""特に冬場の午後はまったく陽が入らず寒い"

などとなります。

 

西向きのメリット、デメリット

 

メリットは"午後に陽が当たり、冬場暖かい""夕焼けが楽しめる"という点です。

デメリットは"夏場は西日が差し込むため暑い""夕方は西日がまぶしい"などです。

 

北向きのメリット、デメリット

 

メリットとしては、何と言っても"家賃が安い"ところです。デメリットは"陽が全く当たらないため

冬場は寒い""冬場の北風が吹き付けるため、結露・湿気が多い"などです。

ライフスタイル的には、朝型の人は「東」、昼型が「南」、夜型が「西」「北」とも言えます。

投稿日:2022/09/27投稿者:作田 稜

こんにちは!営業の作田です!^^

本日は賃貸物件の築年数についてお話させて頂きます。

 

せっかく引越しして新たな生活を送るなら、ピカピカの新築物件に住みたい。

または、築年数にはこだわらないので、安価で住み心地の良い賃貸マンション・アパートを見付けたい。

など、様々な希望条件があるかと思います。

その中で築年数の浅い物件・築年数の古い物件のメリット・デメリットをご紹介いたします。

 

新築には新築ならではのデメリットも

 

新築には新築ならではのデメリットも

新生活を始める前というのは、白い壁でオール電化、外装もピカピカのお部屋に住みたい

というような想像も膨らみます。できれば、新築の賃貸物件を希望したいと思っている方も

多いのではないでしょうか。

現在では、手頃な家賃で新築物件を探すこともできます。

引越シーズンである2月、3月頃には、キレイなマンションが入居者様を多く募集します。

もちろん、競争率も高いことでしょう。予算に合う新築物件が見付かれば

段取り良く契約まで運びたいものですが、新築物件ならではのデメリットも、実は存在します。

まずは、賃貸マンション・アパートのでき上がりを見ないまま契約してしまいがちということです。

施工途中から入居者様の募集は始まります。もちろん、間取りなどの資料は見られるのですが

現地に行っても、一部分がブルーシートで覆われていたり、重機が置いてある場合もあります。

このような見切り発車での契約は、例えば下見時に工事中だった共有スペースが気に入らない

同じく工事中だった駐輪スペースが思ったよりも狭いなど、後々に大きなストレスに発展する場合が

ありますので、気を付けましょう。

そして、もちろん新築ですから、コンクリートも塗り立てです。

コンクリートはセメントと砂利、そして水を混ぜ合わせたものです。言い換えると新しいコンクリートは

水分を多く含んでいるとも言えるのです。そのことで、結露が発生しやすいとも言われています。

この辺りに関しても、お部屋の構造をしっかりと見定める必要があると言えます。

このような注意点などを踏まえて、予算に見合った新築物件で快適な新生活を送りましょう。

 

 

築年数に惑わされず広い視野を持って検討する

 

築年数に惑わされず広い視野を持って検討する

新築物件の方が、安全面でも設備面でもメリットが多いように感じますが

築年数が長い物件にもメリットがあります。

例えば、築年数が長くても、鉄骨で補強されている物件も多く、安全面では問題がないものが多いです。

また、新築でも軽量鉄骨を使用している物件は音が響いてしまうのに対し

築年数が長くても鉄筋コンクリート造りであれば、周囲の音はそれ程気にならない場合もあります。

さらに、最近では築年数が長くても、キレイにリフォームされている物件がほとんどで

築年数40年であったとしても和式便所はほとんど見かけませんし

床も畳からフローリングに変わっていることもあります。

木造・軽量鉄骨の物件、鉄筋の物件では耐久年数も違いますし、同じ"築30年"でも意味合いが違ってきます。

リフォーム具合やメンテナンスの程度などで、新築に劣らない好条件の賃貸物件も存在するので

築年数の長さだけでなく、建物の造りや耐久年数、安全面をよく考え、入居するお部屋を検討しましょう。

投稿日:2022/09/23投稿者:作田 稜

一緒に暮らすペットの種類によって、快適にお住まい頂ける物件が異なります。

犬や猫、鳥、熱帯魚、小動物、はたまた爬虫類と、その種類は様々です。

日当たりや、段差の有無、湿度など、ペットによって飼育環境も違ってきます。

飼っているペット、飼いたいペットの習性をきちんと理解して、快適な暮らしのできる賃貸物件を

探しましょう。ここでは、主なペットの種類に合うお部屋の条件をまとめてみます。

 

犬を飼う場合

 

犬を飼う場合

ツルツル滑る床は股関節に良くないので滑りにくい床材の部屋がオススメです。

また、玄関から飛び出さない工夫、段差を少なく平面的にする、コンセントを見えない場所に通すなど

自分たちで対策を立てることで快適な住まいを実現できます。換気、温度などにも気を付けましょう。

 

猫を飼う場合

 

猫を飼う場合

高いところにも上れるよう立体的な運動ができる部屋を作りましょう。

キャットタワーなどを設置する、壊されたくないものをきちんと収納するなど、こちらも犬と同様

飼い主が工夫してあげる必要があります。日当たりの良い大きな窓がある部屋もオススメです。

 

ウサギを飼う場合

 

ウサギを飼う場合

コンセントをかじってしまうなど、放し飼いには向いていないため、大きめのケージを用意する必要が

あります。明るいけれど直射日光の当たらないところ、人の出入口は避けるテレビなど音が出るものの近くは

避けるなど、これらの条件を満たすケージを置くスペースを確保できる賃貸物件を探しましょう。

 

熱帯魚などを飼う場合

 

熱帯魚などを飼う場合

犬や猫と違って意思表示ができないため、飼い主がすべてをきちんと管理する必要があります。

特に、エアコンを入れていない真夏の部屋では下手をすると室温が40℃にまで上がることもあり

それに伴って水温も上がります。水槽用クーラーでは対応しきれず、魚も耐えられなくなってしまいますので

エアコンは必須です。また、意外ですが水槽は小さい程管理が難しくなるため

大きめの水槽が置ける広い部屋が理想的です。

 

鳥を飼う場合

 

鳥を飼う場合

放し飼いにせず鳥かごに入れて飼育するならば、その鳥かごが設置できるスペースがあれば問題ないでしょう。

日光浴ができる窓際がオススメです。羽などが飛び散るので、掃除しやすい場所に置くか

透明の専用ケージで飛び散りを防止するなどの対策をしましょう。

投稿日:2022/09/20投稿者:作田 稜

こんにちは!営業の作田です!

本日は、留守中のペットのトラブルについてお話させて頂きます。

 

仕事や遊びでペットを自宅に残して外出するのは飼い主にとって不安があると思います。

しかし、ペットも同じように不安を感じていると思います。

特に犬は集団で生活する習性のある動物のため、独りでいることが苦手です。

飼い主が帰ってこなかったらどうしようなどと、不安を感じながら留守番をしているのです。

とは言え、四六時中ペットと一緒にいられる訳ではありません。独りでも留守番できるように育てましょう。

 

最初の30分が肝心、留守番上手への道

 

最初の30分が肝心、留守番上手への道

群れて暮らす習性のある犬は留守番が苦手です。飼い主が外出してからの30分間に不安を感じるため

ムダ吠えやゴミ漁りなどの問題行動も大抵がこの時間に起こると言えます。

この30分をうまく過ごせるようにトレーニングをしてみましょう。


部屋はスッキリ&水はたっぷり

 

部屋はスッキリ&水はたっぷり

留守中にゴミ箱をあさったり、食べ物を口にしないよう片付けをしてから外出しましょう。

また、うっかり容器を引っくり返してしまうこともあるので、飲み水はたっぷり用意して下さい。

長時間留守にする場合はいくつかの容器に分けて置いておきましょう。

 

温度管理は念入りに!

 

温度管理は念入りに!

外出時には、熱中症対策などを万全にしましょう。エアコンを付ける、窓を開けておける部屋にも

出入りできるようにするなど、温度管理を忘れずに行ないましょう。

留守中にペットが病気になる、ケガをするなどのリスクを取り除く必要があります。

 

スマホで留守番中のペットを見守る

 

スマホで留守番中のペットを見守る

自宅で留守番中のペットを見守るWebカメラなども販売されています。

広範囲の映像や暗い室内でも撮影可能なもの、動くものに反応して画像をメールで送信するなど

かなり高機能なものもあります。このカメラからスマートフォンやタブレットに動画や画像を転送すれば

留守中のペットを見守ることができます。

投稿日:2022/09/16投稿者:作田 稜